2010年01月04日

GIMP on OS X

メインにしていないこともあって、まだ全然Macに慣れていません。
GIMPのインストールにも困るくらいでして。

GIMP.app
http://gimp-app.sourceforge.net/

このWebサイトにあるGIMP-2.6.0-native-experimental.dmgやGIMP-2.4-rc3-intel.dmgをダウンロードしてみたものの、前者は起動はするもののUIが不完全な状態であり、後者はX11ターミナルが起動するまでしか進行しません。
インストール手順やX11のアップデートあたりに問題があるとは思うのですが。

で、GIMPの顔アイコンをクリック、Downloadをクリック、「GIMP on OS X」をクリックとして進んだhttp://gimp.lisanet.de/Website/Download.htmlで「GIMP 2.6.8 for Snow Leopard」をダウンロードしたところ、問題なく使えるようになったようです。
マウントされた先でGIMPアイコンをProgrammeにドロップして、あとはGIMP.appをダブルクリックすれば他のアプリケーションと同様に使用できました。
スクリーンショット(2010-01-04 17.06.25).png

ただ、本当にとりあえず使えたというだけなので、一度しっかりとマニュアルなどを読むべきとは思った次第で。
ラベル:GIMP OS X
posted by FEVEROR at 17:16| Comment(0) | メモ(Mac) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

iTunesの移行手順

iTunesをWindowsからMacに移行するときに参考にしたWebサイト:

iTunes Musicの曲をフォルダごと外付けハードディスクに移動する
http://www.hyperposition.org/soho/music/20070707150313.html

WindowsからMacへ、メールとiTunesの移行。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2009/05/windowsmacitune.html

ただ、最新バージョンのiTunesとは多少異なるところもあるようで、手順は同様なのですがコピーするファイルが変わっている(増えている)ようです。
実際に行った手順は以下のとおり。
(事前の状態として、"iTunes Music"フォルダの場所を変更しています)

 1. 移行先のMacのUSB外付けHDDに「iTunes/iTunes Music」フォルダを作成。
 2. WindowsのiTunesを起動して、"iTunes Music"フォルダを手順1で作ったフォルダに変更。
 3. WindowsのiTunesで「ファイル→ライブラリ→ライブラリを整理」を選択。
 4. "iTunes Music"フォルダの中身がコピーされるのをじっくり待つ。
   ※エラーが発生したら見なかったことにして手順3をリトライ。
 5. WindowsのiTunesを終了する。
 6. 「マイ ミュージック/iTunes」フォルダにある全てのファイルを、手順1で作ったフォルダにコピー。
 7. MacのiTunesを、Commandキー(だったと思う)を押しながら起動する。
 8. 「iTunesライブラリを選択」ダイアログが表示されるので、手順6でコピーした「iTunes Library.itl」を選択する。

以上。

iPhoneのバックアップはコピーされていないようで、Macで最初に同期した際にはバックアップに時間がかかります。でも不都合らしい不都合はない模様。
気になるのは、移行後のフォルダのいくつかが二重化していること。
itunes_ss2.png
容量的に大きいのはAppの格納された「Mobile Applications」フォルダくらいなので、様子を見て削除すればよいかも。

移行後はこんな感じです。
itunes_ss.png
ラベル:itunes
posted by FEVEROR at 23:03| Comment(0) | メモ(Mac) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。